保険を契約するなら|専門家に保険相談をするのがおすすめ

男性

見直しを図れる

保険の窓口が評判になっているのは、各人に合ったプランを提案してくれるからです。また、保険の見直しを図るための相談も受け付けています。ライフスタイルに合わせて、適度に保険の見直しを図ることはとても大切です。

女性

1日だけ運転する時の保険

自動車保険は万一の事故の時のために加入する必要があります。保険会社や運転者の事故歴などで保険料は変わりますが、年間に3万円から数万円かかります。普段あまり乗らない人や車を持っていない人におすすめなのが1日保険です。500円ぐらいから加入できるので、車を借りる時などに便利です。コンビニで加入できます。

最近の保険相契約の特徴

説明

保険契約の仕組み

一昔前は特定の保険会社を訪問したり、こうした会社に所属している社員の勧誘などにより、保険を契約するのが主流でした。一方で現在では多くの保険会社の保険を代理店として取り扱い、依頼者に合った保険をファイナンシャルプランナーが提案してくれるというものが浸透しています。この場合ファイナンシャルプランナーに保険相談をすれば、例えば医療保険はA社、生命保険はB社というように、依頼者におすすめの保険を提示してくれます。上記のような保険相談であれば、通常ファイナンシャルプランナーとの面談は無料で行えます。ファイナンシャルプランナーも営業マンですので相性があります。そのプランナー殻保険を契約する場合には、その後もずっと付き合うことになります。こうした保険相談がおすすめな点として、保険会社とプランナーの二つが窓口になるという点です。保険会社と直接契約する場合、手続きや疑問は保険会社とやり取りするしかありません。しかしこうした保険相談を利用することで、保険会社とプランナーの二か所が窓口になります。保険会社で納得できない場合プランナーに相談することで、プランナーが保険会社との間に入ってくれます。これは相談者にとって大きな強みです。このようなシステムを提供する代理店はいくつもあるので、口コミを参考にしたり利用者のおすすめを紹介してもらうことで、自分に合った代理店を見つけることが可能です。インターネットなどを参考におすすめを数社見つけて、自分に合うファイナンシャルプランナーを見つけることもポイントです。プランナーは保険を契約することで保険会社から報酬が支払われます。この金額やパーセンテージも保険会社によって異なります。なので中にはこの報酬がよい保険会社の商品を進めるプランナーもいます。こうしたプランナーを判断するためにも、複数のプランナーと面談を行い自分に合ったパートナーを見つけることをおすすめします。

婦人

貯蓄性の高い法人向け保険

逓増定期保険は法人加入を前提とする生命保険の一種で、保険料の半額を損金に算入できるため、節税対策として利用できます。また解約返戻金が早期に最大となることから、一時的な資金需要に備えるためにも用いられます。